背中ニキビの原因と解消方法

ニキビは出来ると目立ちますし、悪化してしまうと炎症を起こし痛みを感じたり、治ってもニキビ跡が残り完全に治すのには根気が必要です。

そして、顔などのようにケアに困るのが背中ニキビです。
背中ニキビは一見目立たないのですが、夏の薄着や露出が多いファッションになると気になる部位です。できれば適切なケアをして予防、改善しておきたいですね。

背中は皮脂分泌が多い部位です。
そのため寝汗や昼間の活動中でも汗をかいている事が多いために、ニキビが出来やすい状態と言えます。

また、衣類が常にお肌に触れているために洗濯洗剤、柔軟剤、衣類の繊維の刺激が影響している場合もあります。また、入浴時のシャンプー剤のすすぎが足りていないと、首や背中に流れてしまいシャンプー剤やトリートメント剤が付着して、毛穴を詰まらせてしまいニキビが出来る原因となります。

そして、日差しが強い季節になると首回りや背中の露出で、紫外線を浴びる事で皮膚の角質が硬くなり背中にニキビが出来やすい状態になる事もあります。

また、ニキビができる原因は体の内側からも大きく影響を受けています。
日頃の食事バランスはもちろん大切ですが、ちょっとした間食で甘い物を食べる事が多い方は注意が必要です。糖分を摂りすぎるとニキビが出来やすいです。また、おせんべいなどでももち米を使用している場合はニキビができやすいです。

その他にも乾燥肌、ストレスが原因となっている事も多いです。
背中は体を洗う事はありますが、保湿ケアをしている人は意外と少ないのです。

背中ニキビを解消するためには、まず、清潔に保つことが重要です。
汗をかいたと感じたら下着を着替えたり、汗を拭きましょう。
長時間放置するとアクネ菌が増殖してニキビが出来やすい環境をつくってしまいます。

下着や就寝時の衣類は、出来るだけ吸水性の高い綿素材の物を使用しましょう。
シャンプーのすすぎ残し対策は、頭を洗った後に体を洗うと効果的です。もちろんすすぎも十分に行います。

またこれらを行いながらも、食生活やストレス解消、睡眠時間の確保、紫外線対策も行います。
そして、紫外線を浴びてしまったとき、入浴後のケアでは保湿を行います。背中ニキビにおすすめの保湿ケアはコチラを参考に。背中ニキビ治し方徹底ガイド | ニキビ跡まで早く治す秘密

背中ニキビを治すためには、様々な注意が必要になりますが、一つ一つ解消していくことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ