ニキビ予防、改善に良い栄養と食事

ニキビ改善というと日頃のスキンケアが重要ですが、外からのケアと同時に体の中からのケアも重要です。特にお肌を美しく保つためには健康面が大きく影響しています。

お肌が荒れていたり、ニキビが出来やすい場合には体の不調のサインでもあります。
そして、中でも栄養状態は大きく影響します。

食事を改善する事でニキビ改善となりますが、即効性のあるものではありません。
しかし、毎日、1日3食の食事が良い肌をつくると言っても良いのです。

ニキビ解消に効果的な栄養素では、ビタミンAは必須です。
乾燥を防いで、メラニンなどの色素沈着を抑制します。

そして、粘膜を正常に保つなどニキビ予防には欠かせません。
鶏レバー、バター、パセリ、ギンダラなどです。

皮脂分泌を抑えて、健康的なお肌をキープする役割を果たすのがビタミンB2です。
ニキビ予防と口内炎も予防できます。鶏や豚のレバー、うなぎ、うずらの卵などです。

脂肪の代謝や動物性のタンパクの代謝に欠かせないのが、ビタミンB6です。
特にお付き合いなどで飲酒の機会が多い方は積極的に摂る事をおすすめします。
にんにく、まぐろ、かつお、ピタチオ、牛レバーなどに多く含まれています。

そして、お肌の改善に欠かせない誰もが知っているビタミンCも欠かせません。
抗酸化作用があり、コラーゲンの生成にも関わっているので、毎日取り続けるべき栄養素です。
かんきつ類や小松菜、ゴーヤ、キウイフルーツ、豚肉、イチゴに多く含まれています。

そして、ビタミンCと同じく抗酸化作用が強く、新陳代謝を高めてくれるのがビタミンEです。
活性酸素などから体を守る役割もあり、血行が促されます。
いくら、モロヘイヤ、うなぎ、ダイコン、すじこなどに多く含まれています。

このように様々な食材でそれぞれの栄養素に大切な役割がありますが、
同じものばかりを食べていればバランスは乱れるので良いとは言えません。

全ての食材をバランスよく摂り続ける事が大切です。
そして、毎日取り続ける事は容易ではなく、忙しくて偏っているなと感じたらサプリメントなどを時々プラスするなどの工夫もおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ